マーケティングの成果を高める、メルマガの活用術

メルマガは、顧客とのコミュニケーションを強化し、ブランドの認知度を向上させる効果的なツールです。マーケティング企画の成功には、効果的なメッセージやコンテンツの作成が欠かせません。

本記事では、マーケティングの成果を高めるためのメルマガの活用術をご紹介します。「効果的なメッセージやコンテンツの作成方法を知りたい」という方はぜひ参考にしてみてください。

マーケティングに役立つホワイトペーパーを複数公開中!【資料ダウンロード無料】

新規事業の立ち上げを成功させたい方へ
FUTURE WAVEを活用したトレンドリサーチ支援
FUTURE WAVEを活用したトレンドリサーチ支援

デスクリサーチをベースとした市場のトレンド分析を元に、サービス / プロダクトの改善・開発を行います。未来の生活者や市場動向を事業に活用したいクライアント様向けのパッケージとなります。

ご支援プラン紹介ページを見る
目次

メルマガ配信の効果を高めるチェックポイント7つ

マーケティング企画の成功には、効果的なメッセージやコンテンツの作成が欠かせません。以下に、メールマガジン(メルマガ)配信の効果を高める、7つのチェックポイントをまとめました。

  1. 目的を明確にする
  2. 受け手(読者)を理解する
  3. 簡潔で明確な言葉を使う
  4. 感情を引き起こす
  5. 視覚的な要素を活用する
  6. コンテンツのバラエティ
  7. 定期的な評価と改善

つまり、読者に合わせた内容や視覚的な要素の活用、定期的な評価と改善によって、マーケティングの成果を高めることができます。これらのチェックポイントを意識しながら、メルマガの作成に取り組んでみてください。ここからは、上記7つのポイントを解説していきます。

Z世代の消費傾向とは? SNSネイティブに向けたマーケティングのコツを解説【事例あり】

ポイント1. 目的を明確にする

メッセージやコンテンツを作成する前に、目的を明確にしましょう。読者に対して何を伝えたいのか、どのような反応を引き起こしたいのかを考えることが重要です。また、目的を明確にすることは、メッセージの方向性を定めるために不可欠です。

目的を明確にするための具体的な方法

  • 具体的な目標を設定する
    メッセージやコンテンツによって達成すべき目標が何なのかを設定しましょう。例えば、商品の売上向上、ブランドの認知度向上などの目標を掲げることがあります。
  • 読者を考慮する
    メッセージやコンテンツの軸となるのは、「読者に対して何を伝えたいのか」ということです。それを考えた上で、読者のニーズや関心事に合わせた目的を設定しましょう。
  • 期待される反応を明確にする
    メッセージやコンテンツによって引き起こしたい反応を具体的に定義しましょう。例えば、購入や登録、シェアなどがあります。
  • メトリクスを設定する
    目的の達成を測るために、適切なメトリクスを設定しましょう。メトリクスとは、定量化できるデータやポイントのことで、KPI(重要業績評価指標)よりも広い範囲を対象とします。例えば、クリック率、コンバージョン率、エンゲージメント率などを計測します。
  • 時間枠を設定する
    目的を達成するための時間枠を設定しましょう。短期的な目標や長期的な目標に合わせて時間枠を調整しましょう。制約を設定しておくことで、段階的に進行しやすくなり、進捗状況の確認も容易になります。(参考:マーケティング企画の失敗を防ぐ、7つのチェックポイント

これらを実践することで、メッセージやコンテンツの目的を明確にし、マーケティングの成果を高めることができます。

ポイント2. 受け手(読者)を理解する

メルマガの受け手のニーズや関心事を理解し、それに合わせたメッセージやコンテンツを作成しましょう。つまり、自社がターゲットとして設定している読者らが求めている情報や価値を、メルマガによって提供することが重要です。

また、受け手の背景や特性を把握すれば、より効果的なコミュニケーションが可能になります。

受け手(読者)を理解する方法

  • 調査と分析
    読者の特性、ニーズ、関心事を調査し、データや分析結果を活用して洞察を得ることが重要です。アンケート調査や市場調査などを行い、データを収集しましょう。
  • 顧客インタビュー
    読者とのインタビューを通じて、彼らの意見や要望を直接聞くことが有効です。顧客の声から洞察を得ることで、彼らのニーズを的確に理解することができます。
  • ユーザー・ペルソナの作成
    読者の特徴をまとめたユーザー・ペルソナを作成しましょう。これにより、読者の特性や行動パターンを具体的に把握し、メッセージやコンテンツの作成に役立てることができます。
  • 競合分析
    読者の競合他社や同業他社を分析しましょう。彼らのマーケティング戦略やアプローチを把握することで、自社の読者との差別化ポイントを見つけることが可能です。
  • フィードバックの収集
    読者からのフィードバックを積極的に収集しましょう。顧客の声や意見を取り入れることで、彼らのニーズに合わせたメッセージやコンテンツを作成できます。

これらのベストプラクティスを実践することで、読者をより深く理解し、効果的なメッセージやコンテンツを作成することができます。

これさえあれば大丈夫!新規事業立案 / 新商品開発に欠かせないマーケティングの考え方大全【ダウンロード無料】

ポイント3. 簡潔で明確な言葉を使う

メッセージやコンテンツは簡潔で明確な言葉で伝えることが大切です。読み手がすぐに理解できるようにしましょう。冗長な表現や専門用語は避けるべきです。シンプルな表現を心がけることで、読み手の興味を引きつけることができます。

なお、簡潔で明確な言葉とは、以下のような特徴を持つ表現方法です。メルマガを自社で作る場合は、以下に留意して作成してみてください。

  • 冗長な表現を避ける
  • 専門用語を避ける
  • シンプルな表現を心がける

これらのポイントに従ってメッセージやコンテンツを作成することで、読み手がすぐに理解できるような明確な言葉を使用することができます。

ポイント4. 感情を引き起こす

メッセージやコンテンツには感情を引き起こす要素を取り入れるのも効果的です。受け手(読者)の共感や興味を引くようなストーリー性やエモーショナルな要素を盛り込みましょう。感情的なつながりを作ることで、読み手の心に響くメッセージを届けることができます。

受け手の感情を引き起こすための方法

  • ストーリーテリング
    ストーリー性のある要素を盛り込むことで、読み手の共感や興味を引くことができます。具体的な事例や体験、感動的なエピソードなどを使って、メッセージに物語性を持たせましょう。
  • エモーショナルな要素の追加
    場合によっては感情的なつながりを作るために、エモーショナルな要素をメッセージに取り入れましょう。例えば、幸せや喜び、驚きや感動、共感や共鳴などの感情を引き起こす要素を使うことが効果的です。
  • 具体的なイメージや表現
    抽象的な言葉よりも、具体的なイメージや表現を使うことで感情を引き起こすことができます。読み手が直感的に理解できるような具体的な描写や比喩などを活用しましょう。
  • 問いかけや呼びかけ
    読み手に直接的に問いかけたり、参加や行動を促す呼びかけをすることで、感情的な反応を引き起こすことができます。読み手が自身と関係づけて考えたり、行動を起こしたりするようなメッセージを作成しましょう。

これらの方法を組み合わせながら、メッセージに感情を込めることで、読み手の心に響くメッセージを届けることができます。

オリジナルの調査レポートを用いて「Z世代」向けマーケティングを支援する「JINCHI」

ポイント5. 視覚的な要素を活用する

メッセージやコンテンツには視覚的な要素を取り入れることも重要です。鮮やかな画像、グラフィックス、ビデオなどを使用して、読み手の目を引くようにしましょう。視覚的な要素を活用することで、メッセージの魅力を高めることができます。

視覚的な要素をメッセージやコンテンツに取り入れるメリット

  • 注意を引く
    鮮やかな画像やグラフィックス、動画などの視覚的な要素は、読み手の目を引きます。これにより、メッセージやコンテンツに対する注意を高めることができます。
  • 記憶に残る
    視覚的な要素は、情報を視覚的に表現するため、読み手に強い印象を与えることがあります。視覚的な要素を使うことで、メッセージやコンテンツが読み手の記憶に残りやすくなります。
  • 情報の理解を助ける
    視覚的な要素は、複雑な情報をわかりやすく伝えるのに役立ちます。グラフやチャートを使ってデータを視覚的に表現することで、読み手が情報を理解しやすくなります。
  • 感情的なつながりを作る
    視覚的な要素は、感情的なつながりを作るのに効果的です。美しい画像や感動的なビデオなどを使って、読み手の感情に訴えることができます。

これらのメリットにより、視覚的な要素をメッセージやコンテンツに取り入れることで、読者の関心を引きつけ、メッセージの効果を高めることができます。

参考:
新規事業成功のカギ!効果的なマーケティング戦略とは
D2C・DNVBとは?特徴や小売業・製造業での活用方法を解説【事例あり】

ポイント6. コンテンツのバラエティ

同じ種類のコンテンツだけでなく、さまざまな形式やチャネルでメッセージを伝えることも大切です。ブログ記事、動画、ソーシャルメディア投稿など、受け手(読者)が好む形式に合わせて展開しましょう。コンテンツのバラエティを持つことで、幅広い読み手にアプローチすることができます。

メルマガをバラエティ豊かにする手段

  • トピックの多様化
    メルマガの内容をさまざまなトピックに広げてみましょう。業界の最新情報、製品の使い方やヒント、専門知識のシェアなど、読者が興味を持つであろう様々なトピックを取り上げることが重要です。
  • コンテンツの形式の変化
    メルマガのコンテンツ形式を変えることで、読者に新鮮さを提供しましょう。例えば、特集記事、インタビュー、クイズ、読者の体験談の紹介、質問と回答など、さまざまな形式を使ってバラエティ豊かなコンテンツを提供することができます。
  • ゲストコラムや専門家の寄稿
    メルマガに専門家や業界のリーダーなどのゲストコラムや寄稿を取り入れることで、読者に新たな視点や情報を提供することができます。専門家の意見や知識は読者にとって価値のあるものとなります。
  • 読者の参加を促す
    メルマガ内で読者の参加を促す仕組みを作りましょう。読者からの質問や意見を募集し、それに対する回答やフィードバックをメルマガ内で共有することで、読者とのコミュニケーションを活発化させることができます。
  • 特典やプレゼントの提供
    メルマガ読者に対して特典やプレゼントを提供することで、読者の関心を引き付けることができます。例えば、限定の割引クーポンや無料コンテンツの提供など、読者にとって魅力的な特典を用意しましょう。

AIをマーケティングに活用する方法

また、近年はAIを活用したメルマガも、効果的なマーケティング手法として注目されています。AIの技術を活用することで、よりパーソナライズされたメッセージやコンテンツを作成し、受け手のニーズや関心に合わせた情報を提供することができます。

AIを使ったメルマガの活用方法には、以下のようなものがあります。

  1. 顧客セグメンテーション
    AIを使って顧客をセグメントに分けることで、それぞれのグループに合わせたメッセージを送ることができます。顧客の購買履歴や行動データを分析し、興味関心に基づいたメルマガを送ることで、より効果的なコミュニケーションが可能になります。
  2. パーソナライズされたコンテンツ
    AIを使って、顧客の好みや関心に合わせたコンテンツを作成することができます。顧客の過去の行動やプロファイル情報などを分析し、それに基づいてパーソナライズされたメッセージや特別なオファーを提供することで、顧客の関心を引きつけることができます。
  3. 予測分析
    AIを使って、顧客の行動や嗜好を予測することができます。過去のデータや機械学習アルゴリズムを活用して、顧客の次の行動やニーズを予測し、それに基づいたメッセージを送ることで、よりタイムリーかつ適切な情報を提供することができます。

これらの手段を組み合わせることで、メルマガのバリエーションを豊かにすることができます。読者にとって興味深く有益なコンテンツを提供することで、メルマガの価値を高め、読者のエンゲージメントを向上させることができます。AIの技術も活用しながら、よりパーソナライズされたメッセージやコンテンツを作成してみてください。

参考:Web3.0(Web3)で未来はどうなる?進化した点や注目ポイント、課題をご紹介【前編】

ポイント7. 定期的な評価と改善

メッセージやコンテンツの効果を定期的に評価し、必要に応じて改善を行いましょう。読み手のフィードバックやデータ分析を活用して、より効果的なメッセージやコンテンツを作成することができます。

メルマガ施策の評価と改善の手法

  • メトリクスの定義と収集データの分析
    メルマガの目標に合わせたメトリクスを設定しましょう。開封率、クリック率、購読解除率などの定量データをもとに、施策の効果を定量的に評価できます。また、データを分析することで傾向やパターンを把握し、そこから得られる洞察によって施策の改善も可能です。
  • A/Bテスト
    メルマガのコンテンツ、デザイン、送信タイミングなどを変えてA/Bテストを行いましょう。異なるバージョンのメルマガをランダムに配信し、結果を比較して最適な施策を見つけることができます。
  • 読者フィードバックの収集
    メルマガの購読者から、フィードバックを積極的に収集しましょう。アンケートやフィードバックフォームを活用し、読者の意見や要望を把握することで、改善点や新たなアイデアを見つけられます。

これらの手法を組み合わせながら、メルマガの施策を定期的に評価し、改善点を見つけることが重要です。メトリクスの結果や読者フィードバック、データ分析などを参考に、効果的な改善策を実施することで、読者の関与度や成果を向上させることができます。

まとめ

本記事では、メルマガを活用してマーケティングの成果を高めるためのポイントや具体的な方法をご紹介しました。

メルマガを作成する前には、目的を明確にし、読者が求めている情報や価値を提供できるコンテンツを届けることが大切です。また、読者がメルマガを楽しみにするように、メルマガのタイトルは簡潔かつ魅力的なものにし、コンテンツの種類も豊富にするとよいでしょう。

そして、メルマガの定期的な配信は顧客との関係構築や維持にもつながります。読者からのフィードバックを積極的に収集し、それらをメルマガの改善に活かすことも重要です。ぜひ自社のビジネスにメルマガを活用し、マーケティングの成果を高めていってください。

自社のマーケティング活動全体を見直したいという方、新規事業のマーケティングに人手不足を感じられている方は、ぜひお気軽にSEEDERへご相談ください。

マーケティングのご相談・お問い合わせはこちら

  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

吉冨 剛典 吉冨 剛典 マーケティング担当

大手企業・ベンチャー企業にて事業開発を10年以上経験。
市場動向に即したビジネススキームの構築に強み。
PoC推進支援、事業計画の策定など新サービス / ブランドの立ち上げ実績多数。

新規事業の立ち上げを成功させたい方へ
FUTURE WAVEを活用したトレンドリサーチ支援
FUTURE WAVEを活用したトレンドリサーチ支援

デスクリサーチをベースとした市場のトレンド分析を元に、サービス / プロダクトの改善・開発を行います。未来の生活者や市場動向を事業に活用したいクライアント様向けのパッケージとなります。

ご支援プラン紹介ページを見る
目次
閉じる