【動画あり】マーケティング戦略を成功に導く、定性調査の活用

定性調査は、質的な情報を収集し、消費者の洞察を深めるために非常に有用なツールです。マーケティング戦略の成功において、この定性調査が顧客の心理や行動の理解やアイデア発想に対し、重要な役割を果たします。

そこで本記事では、自社のマーケティング戦略を検討されている方に向けて、定性調査のメリット・デメリットや具体的な活用方法をご紹介します。

マーケティングに役立つ各種ホワイトペーパー【資料ダウンロード無料】

新規事業の立ち上げを成功させたい方へ
FUTURE WAVEを活用したトレンドリサーチ支援
FUTURE WAVEを活用したトレンドリサーチ支援

デスクリサーチをベースとした市場のトレンド分析を元に、サービス / プロダクトの改善・開発を行います。未来の生活者や市場動向を事業に活用したいクライアント様向けのパッケージとなります。

ご支援プラン紹介ページを見る
目次

マーケティング戦略における定性調査の役割とメリット・デメリット

定性調査は、主に感情や意見、態度、行動などの主観的な要素を探求するために用いられます。マーケティング戦略を立てる際に用いれば、消費者の心理や行動原理を捉えることができ、収集したデータはアイデアの源泉となります。しかし一方で、定量調査と比べると、サンプル数が制限されることや、調査者のスキルが不足していると、主観が反映されてしまうというデメリットもあるため、注意が必要です。

リサーチ手法の特徴・事例がわかる!生活者インサイトの調査会社をまとめた「カオスマップ」を公開中【ダウンロード無料】

定性調査のメリット

  • 消費者の心理や行動を探求できる
  • トレンドの変化をすばやく把握できる
  • インスピレーションやアイデアの生成に役立つ創造性を高められる
  • 回答の幅を広げる柔軟性のある質問によって多様な情報を得られる

定性調査ではオープン・クエスチョンやそれまでの行動や会話にもとづき、より深く理解するための質問を調査対象者へ投げかけることができます。柔軟性のある質問ができるため、定量調査ではわからない消費者のニーズや行動背後にある価値観を掘り下げ、深く理解することができます。

また、定性調査では消費者の嗜好やトレンドの変化といった情報も得られるため、マーケティング戦略を市場の変化に適応させることも可能です。このような定性調査で得られるリアルな消費者の声や意見は、新たな製品やサービスの開発にも活かせるでしょう。

参考:新規事業の定性調査のやり⽅とポイント!成功率を⾼める⽅法とは?

定性調査のデメリット

  • サンプルが制限されるため、結果の一般化が難しい
  • 主観が強く反映されやすいため、客観的なデータとの比較が必要
  • データの解釈には、フレームワークの活用などのスキルが求められる

一定の期間を設けて多数に回答してもらう定量調査とは異なり、定性調査では2~3人、あるいはたった1人への調査を実施するケースが多くあります。サンプルが少ない分、前述のようなメリットがあるものの、一般的・平均的なデータを得ることは困難です。そのため、SEEDERでも定量的なデータと組み合わせながら分析しています。

また、定性調査では調査者の主観が強く反映される可能性があります。そのような事態を回避するためには、誘導するような質問を行わないスキルと、客観的なデータと比較する作業が必要といえます。

「データ×ノウハウ」を身につけた人材をマッチングする~JINCHI~

加えて、データの解釈も重要な要素となります。こちらも、適切なフレームワークや方法論を使用するノウハウが求められるでしょう。社内に適切な人材がいない場合は、外注するのも一つの方法です。

参考:マーケティング担当者におすすめ!競合分析に使えるフレームワーク4選

定性調査がもたらす洞察とは?

マーケティング戦略を考える際に欠かせない定性調査は、さまざまな洞察をもたらします。以下に、定性調査がもたらす洞察力の一部を紹介します。

  • 共通のテーマや傾向を特定
    収集したデータを分析することで、顧客のニーズや要求に対応するための重要な情報を抽出することができます。
  • 消費者の心理やモチベーションの把握
    定性調査は消費者の心理やモチベーションを把握するのに役立ちます。具体的な意見や感情を聞くことで、消費者の行動をより深く理解することができます。
  • ニーズと要望の発見
    定性調査は消費者のニーズや要望を発見するための貴重な手段といえます。消費者が求めている製品やサービスを理解し、それらに対応することが可能です。

つまり、定性調査によって収集したデータから得られる洞察を活用し、マーケティング戦略に反映させることが重要です。データから得られたインサイトを活用することで、より効果的な意思決定が可能になります。

新規事業立案・新商品開発に役立つマーケティングの基礎知識【ダウンロード無料】

マーケティング戦略における定性調査の活用方法

マーケティング戦略を成功に導くためには、顧客の意見や行動を理解する必要があります。そして定性調査は、顧客の感情や意見を把握し、より深いインサイトを得るのに役立つ手法です。

インタビューを活用した定性調査

インタビュー調査は、顧客との対話を通じて情報を収集する方法です。ユーザーに直接質問をし、彼らの意見や感情を収集します。

また、質問の形式は自由かつ柔軟であり、具体的な洞察を得ることができます。顧客の意見や感情を直接聞くことで、より深い理解を得たい場合におすすめの調査手法といえます。

参考:新規事業の定性調査のやり⽅とポイント!成功率を⾼める⽅法とは?

フォーカスグループディスカッションの活用

フォーカスグループディスカッションは、複数の参加者が一緒に集まり、特定のテーマについて意見を交換する方法です。グループ環境でのディスカッションにより、参加者同士の意見の相違や類似点を把握することができます。

異なる視点からの情報を収集することができるため、より幅広いインサイトを得ることが可能です。

行動観察を活用した定性調査

行動観察(エスノグラフィ)は、顧客の行動や環境を直接観察し、洞察を得る方法です。データの収集方法には、フィールドノート(観察の記録をまとめたもの)の作成やビデオ録画などがあります。観察により、顧客の実際の行動や反応を見ることができるため、よりリアルな情報を得ることができます。

定性調査を活用することで、顧客のニーズや要求を理解し、それに基づいたマーケティング戦略を策定することができます。

0→1の新規事業(新商品)開発に活きるマーケティング手法「エスノグラフィー」を徹底解説!【DL無料】

成功するための定性調査の3つのポイント

最後に、マーケティング戦略を成功に導くための定性調査のポイントを3つご紹介します。

ポイント1. サンプルの選定

定性調査は、対象市場や顧客セグメントを理解するために行われます。サンプルの選定は、正確な結果を得るために重要です。選ぶべきは、適切なターゲット層の代表的な顧客であり、意見や感情を正直に表現できる人々です。ただし、新事業開発や新商品開発の場合はサンプルのペルソナは変化するため注意が必要です。

ポイント2. 調査の設計と実施

定性調査の設計と実施は、クオリティと信頼性を確保するために慎重に行う必要があります。適切な問い合わせ方法、質問形式、調査の手法を選択し、参加者が開放的に回答できる環境を提供することが重要です。

ポイント3. データの分析と解釈

定性調査から収集されたデータを分析し、そこからインサイトを得ることを目指しましょう。そのためには、データをテーマごとに整理し、共通の傾向やパターンを見つけることが重要です。また、得られた洞察をマーケティング戦略や実行方法に適用することで、ビジネスの成功率を高めることができます。

これさえあれば大丈夫!新規事業立案 / 新商品開発に欠かせないマーケティングの考え方大全【ダウンロード無料】

まとめ

定性調査はマーケティング戦略を成功に導くための貴重なツールです。定量的なデータだけでは得られない、消費者の意見や感情、ニーズを理解するために欠かせません。また、正確なデータを収集し、それを適切に解釈することで、競争力のある戦略を立てることができます。

なお、定性調査で得られたデータは、定量的なデータとの組み合わせによって、より効果的な戦略を立てるための気づきを与えてくれます。本記事でご紹介したポイントを踏まえながら、自社のビジネスを成功させるためのマーケティング戦略を検討してみてください。

ただ、昨今は社内に定性調査のノウハウやマーケティングを専任で担当できる方が不足しているというお悩みもよく聞きます。そのような場合は、経験豊富な専門家を外部から招くのもおすすめです。SEEDERではそのような企業様の伴走支援も行っていますので、まずはお気軽にこちらからお問い合わせください。詳しくは下記の動画もご参考ください。

SEEDERのマーケティングミックス設計支援のご紹介!【1分動画】

  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

吉冨 剛典 吉冨 剛典 マーケティング担当

大手企業・ベンチャー企業にて事業開発を10年以上経験。
市場動向に即したビジネススキームの構築に強み。
PoC推進支援、事業計画の策定など新サービス / ブランドの立ち上げ実績多数。

新規事業の立ち上げを成功させたい方へ
FUTURE WAVEを活用したトレンドリサーチ支援
FUTURE WAVEを活用したトレンドリサーチ支援

デスクリサーチをベースとした市場のトレンド分析を元に、サービス / プロダクトの改善・開発を行います。未来の生活者や市場動向を事業に活用したいクライアント様向けのパッケージとなります。

ご支援プラン紹介ページを見る
目次
閉じる