事業計画を立案する際に押さえておくべきポイント

事業計画を立案する際に、押さえておくべきポイントは多岐にわたります。ただ思いつくままに計画を立てるだけでは、必要な要素を見落とす可能性があります。

そこで、この記事では事業計画に欠かせない、目標の設定、マーケットリサーチ、製品やサービスの開発、財務計画、実施計画、定期的な評価や修正について、詳しく解説していきます。「事業計画をどのように活用すべきか知りたい」という方にもおすすめの内容ですので、ぜひ立案時の参考にしてみてください。

自社サービスの改善や新規事業開発を実現する、サービスデザインの考え方【ダウンロード無料】

新規事業の立ち上げを成功させたい方へ
FUTURE WAVEを活用したトレンドリサーチ支援
FUTURE WAVEを活用したトレンドリサーチ支援

デスクリサーチをベースとした市場のトレンド分析を元に、サービス / プロダクトの改善・開発を行います。未来の生活者や市場動向を事業に活用したいクライアント様向けのパッケージとなります。

ご支援プラン紹介ページを見る
目次

事業計画の定義

事業計画は、企業の長期的および短期的な目標を達成するために立案される戦略的なプランのことです。これには、需要や競争の分析・ターゲット市場の特定・製品やサービスの開発・収益予測・資金調達などが含まれます。

また、事業計画は組織内のチームや関係者に事業の方向性を示し、プロジェクトのスケジュール、責任とタスクの割り当て、成果の評価と振り返りを通じて進捗を管理する際にも役立ちます。

事業が開始した後も、修正と改善の計画や持続可能性の確認時に見直すことになるでしょう。つまり、事業計画は企業が成功に向かって進むための「ロードマップ」となります。

事業開発を考えている方におすすめ!起業家の思考をインプットできる資料【ダウンロード無料】

目標の設定

長期的な目標の設定

事業計画を立案する際、長期的な目標の設定が必要となります。長期的な目標を設定することで、ビジネスの方向性を明確にし、成果を評価する基準を決めることができるためです。以下は、長期的な目標を設定する際のポイントです。

  • 目標の明確化
    ビジネスの目的やビジョンを明確に定義し、具体的な数字や期限を設定します。これにより、組織全体が同じ目標に向かって取り組めるようになります。
  • 調整可能性の考慮
    長期的な目標は、外部環境の変化や市場の要求に対応できる柔軟性を持つ必要があります。目標の見直しや調整が必要な場合もあるため、適宜修正できるようにすることが重要です。
  • メトリクスの設定
    長期的な目標を評価するためには、適切なメトリクスや指標を設定することが重要です。これにより、目標達成度を客観的に評価することができます。
  • サポートする戦略の策定
    長期的な目標を達成するためには、具体的な戦略や計画を策定する必要があります。目標と戦略が一致しているかを確認し、目標達成に向けた行動計画を作成します。

短期的な目標の設定

短期的な目標は、事業計画の成功を確保するために非常に重要です。以下に、短期的な目標を設定する際に押さえておくべきポイントをまとめました。

  • 具体的な目標を設定する
    目標は具体的で明確である必要があります。例えば、「3ヶ月以内に売上高を10%増加させる」といった具体的な数値目標を設定しましょう。
  • リアリスティックな目標を設定する
    目標は現実的であり、達成可能であることが重要です。過度な目標設定はモチベーションの低下を招く可能性があります。
  • スケジュールを設定する
    短期的な目標は特定の期間内に達成されるべきです。期限を設定し、進捗状況を追跡するためのスケジュールを作成しましょう。
  • 目標をチームと共有する
    目標はチーム全体で共有されるべきです。チームメンバーが目標に向けて協力し、役割や責任を確認することが重要です。
  • 進捗を定期的に評価する
    目標の進捗状況を定期的に評価し、必要な修正や改善を行いましょう。進捗レビューの結果を活用して、目標達成に向けた戦略を調整することも重要です。

これらのポイントを参考に、短期的な目標を効果的に設定し、事業計画の成功に向けて進んでください。

デスクリサーチをベースに市場のトレンド分析を支援するSEEDERの「FUTURE WAVE」

マーケットリサーチ

需要と競争の分析

事業計画を立案する際、顧客の需要や競合の分析は不可欠です。そのような調査・分析によって、自社の製品やサービスが市場でどのような需要があるかを把握し、競合他社との差別化ポイントを見つけることができます。なお、マーケットリサーチを行う際には、以下のポイントに注意する必要があります。

  • 市場調査を通じて、需要のトレンドやパターンを把握する
  • 同業他社や競合商品の分析を行い、競争力を評価する
  • ニッチ市場や未開発市場の存在を調査し、競合が少ない領域に進出するかどうかを考える

    これらの分析を通じて、市場の需要や競争状況を把握し、自社の事業計画を戦略的に立案しましょう。

    ターゲット市場の特定

    ターゲットとなる市場を特定することも重要です。以下は、ターゲット市場を特定する際に押さえておくべきポイントです。

    • ニーズの分析
      ターゲット市場のニーズや課題を明確に把握しましょう。顧客の要求や要望にどのように対応するかを考えることが重要です。
    • 競争状況の分析
      ターゲット市場における競合他社や代替製品を調査しましょう。競合分析を通じて、差別化ポイントや競争力を見つけることができます。
    • ターゲット顧客の特定
      ターゲット市場内の具体的な顧客層を特定しましょう。性別、年齢、地域、職業など、顧客の属性や行動特性を理解することは、効果的なマーケティング戦略の基礎です。
    • マーケットの成長性
      選んだターゲット市場が将来的に成長が見込まれるかを評価しましょう。市場のトレンドや需要予測などのデータを収集し、事業の持続可能性を確認しましょう。

    これらの情報をもとに、効果的なマーケティング戦略や商品開発を進めることができます。

    参考:
    失敗しない市場調査とは?リサーチ会社が伝授する調査方法5ステップ
    新規事業の定性調査のやり⽅とポイント!成功率を⾼める⽅法とは?

    製品またはサービスの開発

    製品またはサービスのアイデアの検討

    製品やサービスのアイデアを検討する際には、以下のポイントに注意して検討しましょう。

    • ニーズの分析
      市場での需要やトレンドを調査し、どのような製品またはサービスが需要が高まるかを把握しましょう。
    • 競合の分析
      同様の製品やサービスを提供している競合他社を調査し、どのように差別化できるかを考えましょう。
    • アイデアの一意性
      提供する製品またはサービスが他社と異なり、独自の価値を持つかどうかを確認しましょう。
    • マーケットの適合性
      ターゲット市場において需要があるかどうかを検討し、市場の成長ポテンシャルを評価しましょう。
    • 収益性の見積もり
      アイデアを実現するために見込まれる売上や利益を試算し、事業計画の収益性を評価しましょう。

    これらのポイントを考慮することで、事業計画の基盤となる製品またはサービスのアイデアを慎重に検討することができます。

    製品またはサービスの設計と開発

    製品またはサービスの設計と開発は、事業計画の重要な要素の一つです。以下は、このプロセスにおいて押さえておくべきポイントです。

    • ユーザーのニーズを理解する
    • アイデアを具体化するための設計を行う
    • プロトタイプを作成し、ユーザーからのフィードバックを収集する
    • フィードバックにもとづき、製品・サービスの改善や調整を行う
    • 開発プロセスを管理し、タスクやスケジュールを明確にし、必要なリソースを割り当てる
    • チームメンバーとのコミュニケーションを強化し、協力して開発する
    • テストと品質管理を実施し、高品質で信頼性のあるものを生み出す

      設計と開発の段階では、製品・サービスが実際の市場で成功するための基盤を構築していきます。この時、柔軟性と創造性を持ちながらも、品質と効率性にも重点を置くことが大切です。

      参考:新規事業を開発する方法:成功するための7つのステップ

      財務計画

      収益予測と費用予測

      収益予測と費用予測は、事業計画の基礎となり、事業の成果や持続可能性を評価するのに役立ちます。

      まず、収益予測では将来の売上高や収益を予測し、事業の成長や収益性を評価します。一方の費用予測では、必要な経費や費用を予測し、事業運営に必要な資金を評価しましょう。

      これらの予測は、事業の成果を予測するだけでなく、経営上の意思決定をサポートします。また、正確な収益予測と費用予測を行うためには、市場の需要や競争状況、製品の特性や価格設定などの要素を考慮することが重要です。

      資金調達と予算の作成

      資金調達と予算の作成も、事業計画の成否を左右します。以下を参考に、必要な資金や予算の獲得を目指しましょう。

      • 資金調達の方法を検討しましょう。自己資金の割り当て、借入金、投資家からの資金調達など、さまざまな方法があります。
      • 資金の使い道を明確にしましょう。開発コスト、マーケティング費用、人件費など、どの分野にお金を投資するかを決定します。
      • 収益と費用の予測を行いましょう。収益の見込みや費用の見積もりを行い、予算を立てます。
      • リスクを考慮しましょう。予見可能なリスクや予想外のリスクを考慮し、それに対するリソースを確保します。
      • 定期的な予算の監視と更新を行いましょう。事業計画が進行するにつれて、予算の見直しと調整を行い、適切な管理を行います。

        実施計画

        プロジェクトのスケジュール

        スケジュールは、プロジェクト全体の進捗状況と期間を管理するためのロードマップとなります。以下に、プロジェクトのスケジュール作成時に考慮すべきポイントを挙げました。

        • 目標の達成に必要なタスクを特定し、優先順位付けを行う
        • 各タスクに対して、予想される期間を設定する
        • タスクの依存関係を明確にし、前提条件を把握する
        • チームメンバーのスケジュールやリソースの可用性を考慮し、調整する
        • リスクや予期しない問題の可能性に対処するために、余裕のある期間を設ける
        • スケジュールの進捗状況を定期的に追跡し、必要に応じて調整する

          なお、作成したスケジュールには、詳細な計画だけでなく、柔軟性も求められます。実行可能な期間を設定することで、目標の達成に向けた明確な道筋を描き出せるでしょう。

          0→1の新規事業(新商品)開発に活きるマーケティング手法「エスノグラフィー」を徹底解説!【DL無料】

           

          責任とタスクの割り当て

          事業計画を実行するには、責任とタスクを明確に割り当てることが重要です。以下に、責任とタスクの割り当てのポイントを示しています。

          • チームメンバーの役割と責任を明確にする
            各メンバーには、自分の役割と責任が明確に定義されている必要があります。これにより、各人が自分の仕事を遂行し、目標に向かって進むことができます。
          • タスクの優先順位を設定する
            タスクの優先順位を設定し、必要なタスクを優先的に取り組むことが重要です。これにより、時間とリソースを効果的に管理し、スケジュール通りに計画を進めることができます。
          • チームメンバーのスキルと能力を活用する
            各メンバーのスキルや能力を理解し、それに基づいてタスクを割り当てることで、効率的な作業が可能となります。それぞれが得意とする分野で活躍し、最終的な目標達成に貢献することができます。
          • コミュニケーションとチームワークを促進する
            チームメンバー間のコミュニケーションと協力は、タスクの効果的な割り当てに不可欠です。オープンなコミュニケーションとチームワークを促進し、問題や課題を解決するための努力を共有することが重要です。

          以上のポイントを考慮しながら、責任とタスクを適切に割り当て、事業計画の実行を進めましょう。

          定期的な評価と修正

          成果の評価と振り返り

          プロジェクトの成功を評価するために、成果物と目標の達成度を定量的に評価します。成果を評価する際は、以下のポイントに注目してみてください。

          • 定量的指標
            目標と設定したKPI(Key Performance Indicators)を使用して、達成度を評価します。売上や利益、市場シェア、顧客満足度などの指標を使い、目標達成度を可視化します。
          • レビューと振り返り
            プロジェクトの実施過程や成果物を振り返ります。問題点や改善点を特定し、将来のプロジェクトに活かすための課題を洗い出します。
          • フィードバック
            チームメンバーや関係者からのフィードバックを集約し、プロジェクトの成功要因や改善点を明確化します。これにより、チームの意見を反映させることができます。
          • レポートとドキュメント
            プロジェクトの成果と評価結果を正確に文書化します。これにより、将来のプロジェクトやステークホルダーへの報告に役立ちます。
          • 修正と改善計画
            評価の結果を踏まえて、必要な修正や改善点を洗い出し、次の段階や将来のプロジェクトに活かすための計画を策定します。

          成果の評価と振り返りは、将来的なビジネスの成功にも大きく影響します。プロジェクトの進行状況を把握し、課題や改善点を特定することで、より効率的で効果的なビジネス戦略を立てることができるでしょう。

          参考:新規事業の事業計画を改善する⽅法 | 成功に導く5つのポイント

          事業計画の持続可能性の確認

          事業計画を立案する際には、計画の持続可能性を確認することも重要です。以下に、持続可能性を確保するために押さえるべきポイントをまとめました。

          • 経済的可行性の評価
            事業計画が収益を上げる可能性があるかどうかを評価します。収益予測や費用予測を行い、事業が経済的に持続可能なビジネスモデルであることを確認します。
          • 環境への影響評価
            事業が環境に与える影響を評価し、持続可能な環境への配慮が含まれているかどうかを確認します。環境負荷の低減や再生可能エネルギーの利用など、環境への配慮が重要です。
          • 社会的影響の評価
            事業が社会に与える影響を評価し、持続的な社会貢献を果たすことができるかどうかを確認します。社会的ニーズへの対応や地域の発展に貢献することが重要です。
          • ガバナンスの確立
            組織内で持続可能性に関するガバナンス体制を確立し、計画の実施・継続に向けた方針や目標を明確化します。持続可能性を組織全体の戦略に組み込むことが必要です。

          持続可能性を確保するためにこれらの要素を事業計画に組み込むことで、事業の長期的な成功と社会への貢献を実現することができます。

          また、本記事でご紹介したポイントをふまえ、事業計画が完成したあとも、事業の目標が達成されたかどうかを評価し、得られた結果に基づいて修正や改善をあらためて計画することが重要です。

          そして、立てた目標を定期的に再評価し、成果を客観的に分析し、成功した要素を再利用し、失敗した要素を改善していくことを繰り返す中で、事業計画はより効果的かつ持続可能なものとなっていきます。

          ただし、その過程ではさまざまな知識や多くの人的リソースが必要となることが少なくありません。自社のみでの完結が難しい場合や、知見を得てよりよい事業計画を立てたいという方は、ぜひ一度弊社までお問い合わせください。【お問い合わせはこちら

          失敗しない!新規事業の立ち上げ方を徹底解説【資料ダウンロード無料】

          • URL Copied!
          • URL Copied!

          この記事を書いた人

          吉冨 剛典 吉冨 剛典 マーケティング担当

          大手企業・ベンチャー企業にて事業開発を10年以上経験。
          市場動向に即したビジネススキームの構築に強み。
          PoC推進支援、事業計画の策定など新サービス / ブランドの立ち上げ実績多数。

          新規事業の立ち上げを成功させたい方へ
          FUTURE WAVEを活用したトレンドリサーチ支援
          FUTURE WAVEを活用したトレンドリサーチ支援

          デスクリサーチをベースとした市場のトレンド分析を元に、サービス / プロダクトの改善・開発を行います。未来の生活者や市場動向を事業に活用したいクライアント様向けのパッケージとなります。

          ご支援プラン紹介ページを見る
          目次
          閉じる