新規事業を成功させるための3つのコツ

企業の成長と競争力向上のためには新規事業開発が不可欠ですが、成功させるためにはいくつかの障壁があります。しかし、データにもとづく”コツ”をおさえれば、成功率を高めることが可能です。

この記事では、厳選した3つのコツを紹介しています。新規事業に挑戦する前にぜひご一読ください。

独自のデータベースを活用した生活者価値観洞察支援パッケージ【SEEDER】

新規事業の立ち上げを成功させたい方へ
FUTURE WAVEを活用したトレンドリサーチ支援
FUTURE WAVEを活用したトレンドリサーチ支援

デスクリサーチをベースとした市場のトレンド分析を元に、サービス / プロダクトの改善・開発を行います。未来の生活者や市場動向を事業に活用したいクライアント様向けのパッケージとなります。

ご支援プラン紹介ページを見る
目次

はじめに:新規事業の重要性とは

新しい市場や顧客ニーズに対応するためにも、新規事業は効果的です。新規事業を展開することで、大きく分けると以下の4つのメリットが得られます。

メリット1. 市場の拡大

新規事業は企業に新たな市場を開拓し、既存事業の市場に加えることができます。これにより、企業の収益を拡大することが可能です。

メリット2. 競争力の向上

新規事業を通じて企業は競合他社との差別化を図り、競争力を向上させることができます。新たな製品やサービスを提供することで、顧客からの支持を得ることができます。

メリット3. イノベーションの促進

新規事業は企業内のイノベーションを促進します。新しいアイデアや技術を取り入れることで、既存事業の改善や新たなビジネスモデルの確立が可能になります。

メリット4. リスクの分散

新規事業は企業のリスクを分散させる効果があります。新たな市場や顧客に焦点を当てることで、1つの市場や顧客に依存するリスクを軽減することができます。

このような理由から、新規事業は企業にとって重要な戦略的な活動であり、持続的な成長や競争力維持のために欠かせないものだといえます。

国内外の先端事例や生活者トレンドを独自の視点で分析し、ブログ形式で配信中≫詳しくはこちら

新規事業の成功率を高める3つのコツ

新規事業の成功率を高めるためのコツは、以下の3つです。

  1. 適切な市場調査
  2. 効果的なプロダクト開発
  3. 戦略的なマーケティング

1. 適切な市場調査

新規事業をスタートさせる前に、まず市場のニーズを正確に特定し、競争状況を分析することが重要です。競合他社の戦略や製品を把握し、自社の強みと差別化ポイントを探ります。

■ 市場ニーズの特定

市場ニーズを正確に特定するためには、以下の3つのポイントをおさえましょう。

  1. 競合状況の分析:
    関連する競合他社の存在や彼らの製品やサービスを調査しましょう。市場における競合の強みや弱みを把握することで、自社の製品やサービスがどのように差別化できるかを見極めることができます。
  2. 顧客の声を聞く:
    実際の顧客との対話や市場調査を通じて、彼らのニーズや問題点を理解しましょう。顧客の声から洞察を得ることで、新規事業が提供する価値と顧客が求めるソリューションを結びつけることができます。
  3. 市場トレンドの把握:
    マーケットのトレンドや予測を追跡し、将来の需要や消費者行動の変化について適切に予測しましょう。市場の需要予測を行うことで、自社の新規事業が成長する可能性を高めることができます。

以上のポイントを踏まえて、市場ニーズを特定し、顧客の要求に応える新規事業を立ち上げることが成功への第一歩となります。

■ 競争状況の分析

続いて、競合他社の戦略や製品を把握することで、自社の強みと差別化ポイントを見つけられます。その際、以下のポイントに注目して分析することが大切です。

【競合他社について調査すべきポイント】

  • 製品やサービスの特徴・価格
  • ターゲット市場や顧客ニーズ
  • 顧客満足度や評判
  • 販売チャネルやマーケティング戦略
  • 強みや弱点

競合の状況を捉えられれば、自社の市場でのポジショニングを把握できます。また、競合他社の成功事例や失敗事例を参考に、正しく状況を把握し、戦略的なアプローチを取ることで、自社の競争力を高め、新規事業の成功率もアップすることが可能です。

自社サービスの改善や新規事業開発を実現する、サービスデザインの考え方【ダウンロード無料】

2. 効果的なプロダクト開発

新しい製品やサービスを開発する際には、ユーザーのニーズを正確に把握し、それに合ったソリューションを提供することが重要です。また、ユーザビリティを向上させるためにテストやフィードバックを行い、継続的な改善を行うことも欠かせないプロセスになります。

■ ユーザーのニーズを理解する

ユーザーのニーズを正確に理解することは、新規事業を成功させるために非常に重要です。ユーザーに価値を提供し、彼らの問題や要望に応えることができるようにするためには、製品やサービスの開発、マーケティング戦略の立案において不可欠といえるでしょう。以下は、ユーザーのニーズを理解するための手法です。

  • ユーザーインタビュー
  • マーケットリサーチ
  • ユーザビリティテスト

    ユーザーインタビューとは、ユーザーの意見や要望を直接聞く方法です。定期的なフィードバックの収集や、アンケート調査などを実施し、ユーザーが抱える課題や要望を明らかにしましょう。

    マーケットリサーチは、ユーザーの嗜好やトレンドを分析する方法で、市場の需要と動向を把握できます。競合他社の製品やサービスを調査し、顧客の利便性や満足度に関する情報を収集することも、事業を継続的に成功させるためには欠かせません。

    ユーザビリティテストは、製品やサービスのテストユーザーを募り、彼らの使用体験や反応を観察する方法です。事業改善の必要性や、優先順位を特定できます。

    企業はこのようなテストを実施し、常にユーザーからのフィードバックに耳を傾けることが大切です。

    ■ ユーザビリティの向上

    把握したユーザーニーズにもとづき、ユーザビリティの向上を実現することで、新規事業の成功につなげられます。具体的には、以下の3つのポイントに取り組むとよいでしょう。

    • ユーザーテストとフィードバック
      ユーザーのフィードバック(=意見や要望)を反映する
    • シンプルなインターフェース
      ユーザーが簡単に操作できるように、製品やサービスのインターフェースをシンプルかつ直感的に設計する
    • ユーザーのニーズや課題の理解
      ユーザーが求めている機能や利便性を考慮し、それに合わせたソリューションを提供する

    3. 戦略的なマーケティング

    ターゲット市場を明確に設定し、効果的なマーケティングと広告戦略を立てることも事業を成功させるためには重要です。ターゲット顧客に対して適切なメッセージを伝え、競合他社との差別化を図ることで、市場シェアを拡大することができます。

    また、データ分析を活用してマーケティング戦略の改善を行うことも効果的です。(参考:マーケティング担当者におすすめ!競合分析に使えるフレームワーク4選

    以下の表に、戦略的なマーケティングの重要性をまとめました。

    戦略的なマーケティング
    ターゲット市場の設定 ターゲット顧客のニーズや特性を理解し、適切なメッセージを伝える
    差別化 競合他社との差別化を図り、自社の独自の価値を強調する
    データ分析の活用 マーケティングキャンペーンの成果を評価し、改善につなげる

    ■ ターゲット市場の確立

    ターゲット市場を確立するためには、市場分析や顧客との対話が欠かせません。そのため、このステップには十分な時間とリソースを割くことをおすすめします。以下はターゲット市場を確立するためのポイントです。

    • 市場調査を行い、自社の製品やサービスが受け入れられる可能性のあるターゲット市場を特定する
    • ターゲット市場のニーズや要求を理解し、製品やサービスをその要求にマッチさせる
    • 競合他社のマーケットシェアや市場ポジションを分析し、自社の差別化ポイントを見つける
    • ターゲット顧客とのコミュニケーションを通じて、彼らのニーズや意見を把握し、製品やサービスの改善に反映する
    • ターゲット市場に適した価格戦略や販売チャネルを選択し、市場への浸透をはかる

    ■ 効果的な広告とプロモーション

    効果的な広告とプロモーションは新規事業の成功に不可欠な要素です。そのため、市場へのアプローチだけでなく、競合他社との差別化を意識するとよいでしょう。以下は、効果的な広告とプロモーションのポイントです。

    • ターゲット市場を明確に設定し、その市場に適した広告メッセージを作成する
    • 魅力的で視覚的に響く広告を作成し、ターゲット顧客の関心を引くソーシャルメディアやオンライン広告を活用し、ターゲット市場へアプローチする
    • 割引や特典などのプロモーション活動を行い、顧客の関心を喚起する
    • マーケティングデータを活用し、広告戦略の改善を行いながら、ROIの向上をはかる

    成功事例の紹介

    最後に、新規事業を成功させるために実践されたいくつかの事例をご紹介します。

    1. テスラ(Tesla)

    https://www.tesla.com/ja_jp

    テスラは電気自動車の製造および販売に特化した新規事業です。CEOのイーロン・マスク氏は市場ニーズを正確に特定し、競争状況を分析して自社の製品を差別化しました。

    また、革新的なテクノロジーとデザインを組み合わせて魅力的な製品を提供し、マーケティング戦略で顧客とのつながりを強化しました。

    参考:Elon Musk|TESLA

    2. アリババ(Alibaba)

    https://www.alibaba.com/

    アリババは中国の大手インターネット企業であり、オンラインショッピングプラットフォームを提供しています。創業者のジャック・マー氏は市場ニーズを理解し、多くの小売業者にとって使いやすく便利なプラットフォームを作りました。

    そして、効果的なマーケティング戦略と広告キャンペーンを展開し、アリババブランドを確立しました。

    参考:
    【公式サイト】
    Alibaba.com
    偶然の成功を本当の成功に変える、たった一つのやり方とは、ジャック・マー、起業を語る|ALIBABA NEWS JAPANESE

    3. ウーバー(Uber)

    https://www.alibaba.com/

    ウーバーは配車サービスの提供を新しいアプローチで行う事業です。創業者のトラビス・カラニック氏はターゲット市場を明確に設定し、利便性と革新性を焦点にしたサービスを提供しました。また、マーケティング戦略とデータ分析を活用し、顧客の要望に合わせたサービスの改善にも取り組んでいます。

    参考:Uber創業者が語る 「破壊」の先にあるゴール|事業構想オンライン

    これらの成功事例より、新規事業を成功させるためには、適切な市場調査、効果的なプロダクト開発、戦略的なマーケティングの各要素を組み合わせることが重要だとわかります。

    オリジナルの調査レポートを用いて「Z世代」向けマーケティングを支援する「JINCHI」

    まとめ

    新規事業を始める前には、適切な市場調査を行い、市場のニーズを正確に特定し、競争状況を分析することが重要です。競合他社の戦略や製品を理解し、自社の強みや差別化ポイントを見つけることで、事業の成功率を高められます。

    また、効果的なプロダクト開発には、ユーザーのニーズを正確に把握してアイデアを出し、事業が開始した後も継続的な改善を行うことが大切です。

    そして、市場で継続的に成長していくためには、ターゲットとなる市場を明確に設定し、効果的なマーケティングと広告戦略を立てることも重要といえます。

    これら3つのコツを意識的に組み合わせることで、新規事業の成功に向けた強力な基盤を構築できるでしょう。また、最新のビジネスを調査し、その成功事例やデータ分析を参考にしながら、自社の新規事業に取り組むことをおすすめします。

    国内外の先端事例や生活者トレンドを独自の視点で分析し、ブログ形式で配信中≫詳しくはこちら

    • URL Copied!
    • URL Copied!

    この記事を書いた人

    吉冨 剛典 吉冨 剛典 マーケティング担当

    大手企業・ベンチャー企業にて事業開発を10年以上経験。
    市場動向に即したビジネススキームの構築に強み。
    PoC推進支援、事業計画の策定など新サービス / ブランドの立ち上げ実績多数。

    新規事業の立ち上げを成功させたい方へ
    FUTURE WAVEを活用したトレンドリサーチ支援
    FUTURE WAVEを活用したトレンドリサーチ支援

    デスクリサーチをベースとした市場のトレンド分析を元に、サービス / プロダクトの改善・開発を行います。未来の生活者や市場動向を事業に活用したいクライアント様向けのパッケージとなります。

    ご支援プラン紹介ページを見る
    目次
    閉じる