事業計画の作成方法:成功するビジネスの基礎

事業計画の作成は、成功するビジネスの基礎となる重要なプロセスです。事業計画(ビジネスプラン)を立てることで、戦略やリソースの明確化、アイデアの実行可能性の判断が可能になります。

また、事業計画は資金調達のためだけでなく、アイデアの整理や戦略の構築にも役立ちます。本記事では、効果的な事業計画の作成方法について解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

これさえあれば大丈夫!新規事業立案 / 新商品開発に欠かせないマーケティングの考え方大全【ダウンロード無料】

新規事業の立ち上げを成功させたい方へ
FUTURE WAVEを活用したトレンドリサーチ支援
FUTURE WAVEを活用したトレンドリサーチ支援

デスクリサーチをベースとした市場のトレンド分析を元に、サービス / プロダクトの改善・開発を行います。未来の生活者や市場動向を事業に活用したいクライアント様向けのパッケージとなります。

ご支援プラン紹介ページを見る
目次

成功するビジネスのための事業計画の役割

成功するビジネスを構築するためには、事業計画の作成が不可欠です。事業計画はビジネスの目的、目標、戦略を明確にし、経営方針を定めるための基盤となります。以下は、事業計画の主な役割です。

  1. ビジネスの方向性を示す
    事業計画にビジネスのビジョンをまとめ、将来の方向性を示すことによって、経営陣や従業員は目的や目標に向かって一致団結した行動をとれます。
  2. リスクを最小限に抑える
    事業計画はSWOT分析や競争環境の分析を通じてビジネスの強みと弱みを特定し、リスクを予測することで、問題や課題に対する策を練ることができます。
  3. 市場や顧客を理解する
    市場調査等を通じて、ターゲット市場や顧客ニーズを理解することで、商品やサービスの開発に活かせます。競合他社と差別化するための戦略も策定可能です。
  4. 組織を効率化する
    事業計画は組織の構築、人材の採用と育成を考え、役割と責任を明確にします。適切な管理や支援に取り組むことで、効果的なチームを作りながら、より良いコミュニケーションも促進できます。
  5. 成果の評価と改善点の特定を行う
    事業計画を策定することで、成果を評価を通じてビジネスの進捗を測定できます。それにより、改善に向けた具体的な行動を定めることが可能です。

このように事業計画はビジネスの成長と成功に欠かせない重要なツールといえます。また、ビジネスの目標を達成するためには、継続的な評価と改善を行いながら、事業計画を適宜修正することも求められます。

ポイント1. ビジネスの方向性を示す

ビジネスのビジョンと目標の設定

ビジネスの成功には、明確なビジョンと目標の設定が不可欠です。ビジョンは、企業の将来の方向性や目標の実現に向けた理念や価値観を表します。一方、目標はビジョンを達成するための具体的な目標を定めるものです。これらを設定する際には、以下のポイントに注意することが重要となります。

なにを どのように設定するか
ビジョン インスピレーションを与えるものを設定する
ビジネスの目的や存在意義を示す必要がある
目標 SMARTの原則に基づき、
「具体的、計測可能、達成可能、現実的、時間的に明確なもの」
を設定する

設定したビジョンと目標は、組織全体で共有されるべきものです。それにより、組織全体の一体感を醸成し、方向性を明確にすることが可能です。

また、ビジョンと目標には柔軟性を持たせましょう。経済や市場の変化に合わせて変更や修正が可能なものを検討してみてください。

ポイント2. リスクを最小限に抑える

SWOT分析の実施

SWOT分析は、企業の強み、弱点、機会、脅威を明確に把握するための手法です。以下はSWOT分析の主な要素です。

  • 強み(Strengths)
    企業の優位性や競争力の源泉となる要素を特定します。例えば、優れた製品品質、顧客満足度の高さ、強力なブランドイメージなどが含まれます。
  • 弱点(Weaknesses)
    企業が抱える課題や制約事項を明確にします。例えば、製品の品質管理の課題や効率性の低さ、競争力の欠如などが挙げられます。
  • 機会(Opportunities)
    市場や業界での成長や拡大が可能な機会を特定します。例えば、新たな市場の開拓、顧客ニーズの変化、競合他社の弱点をつくことができる潜在的なビジネスパートナーシップなどが含まれます。
  • 脅威(Threats)
    企業にとってのリスクや障害要因を把握します。例えば、競合他社や代替製品の存在、法規制の変化、経済の不安定性などが挙げられます。

SWOTに沿って分析することで、自社の強みや弱点を理解し、市場の機会を活かすための戦略を立てることができます。競争環境や市場の変化を予測し、脅威に対処するための戦略も構築可能ですので、事業計画の策定やビジネスの成長を考えている方は、ぜひ活用してみてください。

参考:マーケティング担当者におすすめ!競合分析に使えるフレームワーク4選

競争環境の分析

競合他社の存在や彼らの強み、弱みを正確に把握することで、成功するために必要な適切な戦略を立てることができます。分析を行うべきポイントは以下の5つです。

  1. 競合他社の特定
    自社と同じまたは類似の商品やサービスを提供する競合他社を特定しましょう。
  2. 競合他社の強みと弱みの把握
    競合他社の製品やサービスの強みと弱みを分析し、自社の競争力を評価しましょう。
  3. 市場シェアの確認
    競合他社の市場シェアを把握し、自社がどの位置にあるのかを理解しましょう。
  4. 新興企業や進出企業の存在
    競合他社だけでなく、新興企業や進出企業の存在も把握し、市場競争のトレンドを予測しましょう。
  5. テクノロジーや業界の動向の調査
    最新のテクノロジーや業界の動向を調査し、競争環境の変化やビジネスへの影響を把握しましょう。

競争環境の分析により、自社の強みと弱みを明確にし、競合他社との比較優位性を確保するための戦略を策定することができます。

ポイント3. 市場や顧客を理解する

市場調査と顧客ニーズの把握

商品・サービスの開発に向けた市場調査は、成功する事業計画の重要な要素です。顧客ニーズを正確に把握するためには、競合他社の分析や市場動向の把握が欠かせません。市場調査を通じて以下の情報を収集することが重要です。

  • ターゲット市場のサイズと成長率
  • 顧客のニーズ、要求、および傾向
  • 現在の競合他社との比較優位性
  • 顧客の購買行動や意識の変化

市場調査には、定性的な情報と定量的なデータの両方を組み合わせることをおすすめしています。定性的な情報は、顧客インタビューやフィードバックを通じて得られます。また、定量的なデータは市場調査レポートや統計データ、競合他社の売上データなどから収集可能です。

そのような市場調査を通じて収集した情報を、適切に分析し、顧客のニーズと市場のトレンドの理解に活用すれば、成功する事業計画の基礎となります。

また、競争の激しいビジネス環境では、競合他社との差別化が成功するために不可欠です。市場調査で集めた情報をもとに、効果的なマーケティング戦略や他社との差別化ポイントを明確にしておきましょう。

■ ターゲット市場の選定と顧客の特定

効果的なマーケティング戦略を行うためには、ターゲット市場を明確にし、その市場のニーズや要求を理解することが重要です。また、顧客を詳細に分析し、彼らの特性や行動パターンを把握する必要があります。

まず、ターゲット市場の選定を行います。具体的には、消費者の属性(年齢、性別、所得など)や地理的な位置、業界、関心や嗜好などにもとづいて定義することができます。

次に、そのターゲット市場内で、具体的な顧客セグメントを特定します。このとき参考にするのは、購買行動、インタビューやアンケートなどのフィードバック、行動分析などの情報です。顧客が特定できれば、その中で優先度の高い顧客を選定しておきましょう。この優先顧客は、事業計画の成功において重要な役割を果たすことが期待できます。

ターゲット市場と顧客を特定できれば、今度は適切なマーケティング戦略の構築に移りますが、プロモーション、価格設定、販売チャネルなどの要素を考慮することが重要です。

このような流れに沿って対象を明らかにしていくことで、効果的なマーケティング戦略を構築することが可能となります。

競合他社との差別化

競争の激しいビジネス環境において、競合他社に対する比較優位性を確保することは重要です。以下は、そのために考慮すべきポイントです。

  • 製品やサービスの独自性を強調する
  • 高品質・競争力のある価格を設定する
  • カスタマーサービスを向上する
  • マーケティング戦略の広告宣伝手法で差別化をはかる
  • 技術革新と先進的なソリューションを提供する

これらのポイントを考慮し、競合他社との比較優位性を確保することで、成功する事業計画を実現することができます。

ポイント4. 組織を効率化する

組織の構築と役割分担

組織の構築と役割分担は、事業計画の成功に欠かせない重要な要素です。以下に、組織の構築と役割分担に関するポイントを示しました。

  • リーダーの選定と確立
  • 各メンバーの役割と責任の明確化
  • フラットな組織構造
  • コミュニケーションの円滑化
  • スキルと経験に基づく役割のマッチング
  • トレーニングと開発プログラムの提供
  • パフォーマンスや成果の評価・フィードバック

意思決定プロセスが迅速かつ効率的に行われるためにも、リーダーを確立し、その他のメンバーについてもスキルに合う役割・責任をはっきりと決めておくことが重要です。

また、フラットかつ円滑なコミュニケーションが可能な組織を構築するためには、適切なコミュニケーションツールやプロセスを導入することも不可欠です。さらに、メンバーの成長とスキル向上のために、トレーニングや開発プログラムを提供し、フィードバックや評価も定期的に実施することをおすすめします。

組織の構築と役割分担が適切に行われると、組織内のメンバーが効果的に協力し、事業計画の実行と目標の達成に向けて一体となることが可能です。

商品開発・組織開発に取り組みたい現場責任者に向けた教科書【ダウンロード無料

適切な人材の採用と育成

適切な人材の採用と育成は、成功する事業計画の重要な要素です。以下は、効果的な人材戦略を確立するための推奨事項になります。

  • ニーズに合った人材の採用
    事業計画の目標や戦略に適したスキルや経験を持つ候補者を探しましょう。
  • 優れたリーダーシップ
    チームを組織化し、目標を達成するための指導力を持つリーダーを採用しましょう。
  • 定期的なトレーニングと開発
    従業員のスキルや能力を向上させるために、定期的なトレーニングやプロフェッショナルな開発プログラムを提供しましょう。
  • フィードバックと評価
    成果を評価し、従業員にフィードバックを提供することで、成長とモチベーションを促進しましょう。
  • チームビルディング
    取り組みや目標に向けて協力し、コミュニケーションと協力を促進するチームビルディング活動を行いましょう。

適切な人材の採用と育成は、事業計画の成功に不可欠です。リーダーシップやスキルの向上、チームワークの強化に焦点を当てることで、組織の成果と競争力を向上させることができます。また、従業員のモチベーションと満足度の向上にもつながります。

参考:新規事業の開発メンバーに向いている人の共通点6選!向いていない人や必要なスキルも解説

ポイント5. 成果の評価と改善点の特定を行う

事業計画の成果を評価し、改善点を特定するには次のステップを考慮してください。

  1. 成果の評価
    まず、事業計画の目標と予測された成果を評価します。これには、財務面や市場シェアなどの重要な指標を分析することが含まれます。
  2. 実績の分析
    達成された成果を実際のデータと比較し、予測とのギャップを評価します。収益、費用、市場シェアなどのメトリックを分析し、成功要因と失敗要因を特定します。
  3. 反省会の実施
    関係者との会議やチームのオンラインフォーラムを通じて、プロジェクトのパフォーマンスを評価し、意見やフィードバックを共有します。
  4. 問題の特定
    具体的な問題や障害が発生した場合は、それらを特定します。顧客からのフィードバックや内部のプロセスの問題など、原因を特定するための情報を収集します。
  5. 修正策の立案
    改善点の特定に基づいて、問題を解決するための修正策を立案します。プロセスの再設計、顧客ニーズへの対応の改善、財務戦略の見直しなど、適切なアクションプランを作成します。
  6. 再評価と改善
    修正策を実施し、成果を再評価します。改善が見られる場合は、成功の要因として文書化しておき、最終的な成果に対してフィードバックを提供します。
  7. 継続的な改善
    結果に基づいて、事業計画とプロセスを継続的に改善するための戦略を考えます。定期的な評価とエビデンスに基づいた意思決定を行い、事業計画の長期的な成功率を高めます。

参考:事業計画を立案したプロジェクト事例のご紹介

まとめ:事業計画の重要性の再確認

事業計画は、成功するビジネスの基礎として重要な役割を果たします。計画を策定し、適切に実行し、定期的な評価と改善を行うことで、持続的な成果を生み出すことができるでしょう。

ただし、作成には人的リソースのほか、作成に関する知識や経験も必要となります。自社内に適性を持つ人材が不足している場合は、一部を外部委託する、あるいは最初からメンバーとして外部人材を招き、手を動かしてもらう方法もおすすめです。

また、下記の記事では事業計画の具体的な作成方法をご紹介しています。社内メンバーでの作成を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

新規事業立案・新商品開発に役立つマーケティングの基礎知識【ダウンロード無料】

  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

吉冨 剛典 吉冨 剛典 マーケティング担当

大手企業・ベンチャー企業にて事業開発を10年以上経験。
市場動向に即したビジネススキームの構築に強み。
PoC推進支援、事業計画の策定など新サービス / ブランドの立ち上げ実績多数。

新規事業の立ち上げを成功させたい方へ
FUTURE WAVEを活用したトレンドリサーチ支援
FUTURE WAVEを活用したトレンドリサーチ支援

デスクリサーチをベースとした市場のトレンド分析を元に、サービス / プロダクトの改善・開発を行います。未来の生活者や市場動向を事業に活用したいクライアント様向けのパッケージとなります。

ご支援プラン紹介ページを見る
目次
閉じる