事業計画の立て方完全ガイド!失敗しないためのポイントを解説

事業計画(ビジネスプラン)は、新しい事業を始める際に必要な計画や戦略のことを指します。将来の目標やビジョン、市場分析、競争分析、財務計画などの要素を含んでいるため、事業の成功には不可欠なツールといえます。

本記事では、「事業計画をどのように立てるのか」について、具体的なやり方や失敗を回避するためのポイントを解説しています。

新規事業立案・新商品開発に役立つマーケティングの基礎知識【ダウンロード無料】

新規事業の立ち上げを成功させたい方へ
FUTURE WAVEを活用したトレンドリサーチ支援
FUTURE WAVEを活用したトレンドリサーチ支援

デスクリサーチをベースとした市場のトレンド分析を元に、サービス / プロダクトの改善・開発を行います。未来の生活者や市場動向を事業に活用したいクライアント様向けのパッケージとなります。

ご支援プラン紹介ページを見る
目次

事業計画の作成手順

事業計画の作成手順には以下のステップがあります。

1. ビジョンとミッションの明確化

事業計画を作成する前に、ビジョンとミッションを明確にすることが重要です。ビジョンは、あなたが事業で達成したい長期的な目標を表し、ミッションは、ビジョンを達成するための具体的な手段や行動を示します。

2. 目標設定と戦略の策定

次に、具体的な目標を設定し、それを達成するための戦略を策定します。目標は、時間枠や数値目標を具体化して設定し、戦略は、それを達成するための具体的なアクションプランを立てます。

3. 資金計画と予算の作成

事業計画では、資金計画と予算を作成することも重要です。資金計画は、事業を運営するために必要な資金の調達方法や予定を示し、予算は、収入や経費の予測を立てた後、リアルな数字で予測しましょう。

4. チームの組織と役割分担

事業計画では、チームの組織と役割分担も考慮する必要があります。チームメンバーの役割や責任を明確にし、効果的なコミュニケーションや協力を促進することが重要です。

5. マーケティング戦略の立案

事業計画では、マーケティング戦略の立案も欠かせません。ターゲット市場や競合状況の分析を行い、製品やサービスの魅力や差別化ポイントを明確にし、効果的な販売促進活動を計画します。

6. リスク管理と対策の検討

最後に、事業計画ではリスク管理と対策の検討も重要です。可能性のあるリスクや障害を予測し、それに対する対策や防止策を考えることで、事業の安定性と持続性を確保することができます。

これらのステップを順番に進めることで、効果的な事業計画を作成可能です。

新規事業立案・新商品開発に役立つマーケティングの基礎知識【ダウンロード無料】

事業計画を立てる際のポイントと注意点

ここでは、事業を成功に導くためのポイントと注意点をご紹介します。

1. 目標の明確化

事業計画では、具体的かつ明確な目標を設定する必要があります。目標を明確にすることで、方向性を定め、戦略を策定することができます。

2. 市場調査

事業計画を作成する前に、市場調査を行うことが重要です。市場の需要や競合状況を把握することで、自社の競争力を見極めることができます。

参考:事業計画のリサーチで失敗しないための秘訣

3. 資金計画

事業計画では、資金計画をしっかりと立てることが必要です。初期投資やランニングコスト、収益予測などを考慮し、資金の適切な配分を計画することが重要です。

4. リスク管理

事業計画では、リスク管理も考慮する必要があります。可能なリスクを洗い出し、対策を立てることで、将来的なトラブルや失敗を防ぐことができます。

参考:新規事業のリスクを評価する!失敗を防ぐための7つのポイント

5. チームの構築

事業計画では、優れたチームを構築することも重要です。経験豊富なメンバーや専門家を起用し、実行力を高めることが成功の鍵となります。

事業計画の作成には慎重な準備と緻密な計画が必要です。これらのポイントと注意点を押さえることで、事業計画の成功に近づくことができます。

参考:新規事業の開発メンバーに向いている人の共通点6選!向いていない人や必要なスキルも解説

効率的な事業計画作成のためのツールとテンプレート

事業計画の作成には、さまざまなツールやテンプレートが利用できます。これらのツールとテンプレートを活用することで、より効率的に事業計画を作成することが可能です。以下に、事業計画作成に役立つツールとテンプレートを4つご紹介します。

1. Excel

Excelは、事業計画作成に最も一般的に使用されるツールの一つです。Excelを使用すると、財務データや予算などを数値で管理することができます。また、グラフや表を作成することも可能です。

2. PowerPoint

PowerPointは、事業計画のプレゼンテーションに使用されるツールです。プレゼンテーション用のスライドを作成し、ビジョンや目標、戦略などを分かりやすく伝えることができます。

3. Word

Wordは、事業計画の文書作成に使用されるツールです。ビジネスプランの詳細な説明やマーケットリサーチの結果などを文章でまとめることができます。

4. テンプレート

事業計画の作成には、様々なテンプレートが利用できます。これらのテンプレートには、すでに必要な項目やセクションが記載されており、手間を省くことができます。

これらのツールとテンプレートを活用して、効率的かつ結果の出せる事業計画を作成しましょう。

参考:新規事業の事業計画書の書き方:成功するための9つのヒント

事業計画作成に関連する参考文献の紹介

事業計画の作成に関する情報を深めるためには、以下も参考にしながら、自社のビジネスに合った事業計画を検討してみてください。

事業計画の評価と修正

事業計画の評価と修正の方法

事業計画の成功を確保するためには、定期的な評価と修正が欠かせません。以下に、事業計画の評価と修正の方法を紹介します。

1. レビューと比較

定期的なレビューを行い、計画と実績を比較します。目標と実績の差異がある場合は、その要因を分析し、修正策を検討します。

2. 外部環境の変化を考慮

事業計画は外部環境の変化に合わせて修正する必要があります。市場の変動や競合他社の動向など、外部の要素を常に把握し、計画の修正を行います。

3. データ分析

データの分析を通じて、事業計画の妥当性を評価します。売上データや財務データなどの数字を分析し、目標達成のために必要な修正点を見つけます。

4. フィードバックの収集

顧客や従業員からのフィードバックを収集し、事業計画の改善点を把握します。顧客のニーズや要望に合わせて調整することで、事業の成長を支えます。

事業計画の評価と修正は、事業の成長と持続性を確保するために重要なプロセスです。定期的な評価と修正を行いながら、計画を見直し、最適な戦略を追求しましょう。

自社サービスの改善や新規事業開発を実現する、サービスデザインの考え方【ダウンロード無料】

事業計画のサポートとアドバイスの紹介

事業計画の作成には様々な手助けとアドバイスが存在します。以下に、「事業計画のやり方がわからない」とお悩みの方向けのサポート・アドバイス例をご紹介します。

  • ビジネスコンサルタント
    ビジネスコンサルタントは、事業計画の作成や戦略の策定において価値のある助言を提供してくれます。彼らは経験豊富な専門家で、事業計画の作成において重要な要素を提案してくれるでしょう。(参考:事業計画のコンサルティングを受ける前に知っておきたいこと
  • 事業計画テンプレート
    テンプレートは、事業計画の作成に役立つツールです。一般的な事業計画の構造と必要なセクションを備えたテンプレートを活用することで、計画の作成をスムーズに進めることができます。(参考:事業計画書の作成方法
  • 事業計画ソフトウェア
    事業計画ソフトウェアは、事業計画の作成と管理を簡単にするためのツールです。一般的には、デザイン、分析、予測、財務シミュレーションなどの機能を有しています。
  • 産業団体や経済団体
    産業団体や経済団体は、特定の業界や地域の事業計画に関する情報やガイダンスを提供しています。
  • 地域のビジネスセンターや起業支援機関
    地域のビジネスセンターや起業支援機関は、起業家や経営者に対する事業計画の作成支援やアドバイスを提供しています。

これらのサポートとアドバイスは、事業計画の作成において貴重な助けとなるでしょう。事業計画は、成功するためのロードマップとなる重要な文書ですので、専門家やツールの助けを借りて作成することをおすすめします。

事業開発を考えている方におすすめ!起業家の思考をインプットできる資料【ダウンロード無料】

まとめ:事業計画の重要性と成功のためのポイント

事業計画は、企業や起業家が将来の目標を達成するために必要不可欠です。以下は、成功するためのポイントです。

  • 具体的な目標
    事業計画は、明確で具体的な目標を設定する必要があります。目標はSMART原則(Specific, Measurable, Achievable, Relevant, Time-bound)に基づいている必要があります。
  • 市場調査
    事業計画の作成には、市場調査が不可欠です。競争状況や顧客ニーズを分析し、自社の強みや独自性を確認することが重要です。
  • 財務計画
    事業計画には、収益予測や費用予測、キャッシュフロー予測などの財務計画が含まれる必要があります。これによって、ビジネスの収益性や持続可能性を評価することができます。
  • 戦略とタクティクス
    事業計画では、ビジネスの戦略とタクティクスを明確にする必要があります。戦略はビジネスの長期的な目標に基づいている必要があります。タクティクスは、具体的な行動計画やタスクに基づいています。
  • リスク管理
    事業計画には、リスク管理の戦略が含まれる必要があります。ビジネスを取り巻くリスクを評価し、それに対処するための手段を検討する必要があります。

以上のポイントを考慮し、事業計画を作成することをおすすめします。

なお、SEEDERでは事業計画の作成段階から伴走支援を行える人材のマッチングを行っております。「経営者目線でのアドバイスが欲しい」「新規事業のアイデア発想を支援してほしい」と考えている方は、まずはこちらからお気軽にお問い合わせください。起業フェーズに携わったことのある、経験豊富な人材をマッチング可能です。

新規事業のイノベーションを支援する人材をマッチングするプラットフォーム「JINCHI」

  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

吉冨 剛典 吉冨 剛典 マーケティング担当

大手企業・ベンチャー企業にて事業開発を10年以上経験。
市場動向に即したビジネススキームの構築に強み。
PoC推進支援、事業計画の策定など新サービス / ブランドの立ち上げ実績多数。

新規事業の立ち上げを成功させたい方へ
FUTURE WAVEを活用したトレンドリサーチ支援
FUTURE WAVEを活用したトレンドリサーチ支援

デスクリサーチをベースとした市場のトレンド分析を元に、サービス / プロダクトの改善・開発を行います。未来の生活者や市場動向を事業に活用したいクライアント様向けのパッケージとなります。

ご支援プラン紹介ページを見る
目次
閉じる