事業計画を改善する方法:3つの簡単なステップ

事業計画の改善は、企業の持続的な成功につながる重要なプロセスといえます。これは経済環境や市場の変化に伴い、事業計画は常に見直しと改善が必要となっているためです。

本記事では、事業計画の改善の重要性やメリットをご説明したあと、事業計画を改善する方法を3ステップに分けてご紹介しています。「自社の事業計画を適切なものに見直したい」「計画を立てたものの、継続的な改善をどのように行えばよいかわからない」という方はぜひ参考にしてみてください。

事業開発を考えている方におすすめ!起業家の思考をインプットできる資料【ダウンロード無料】

新規事業の立ち上げを成功させたい方へ
FUTURE WAVEを活用したトレンドリサーチ支援
FUTURE WAVEを活用したトレンドリサーチ支援

デスクリサーチをベースとした市場のトレンド分析を元に、サービス / プロダクトの改善・開発を行います。未来の生活者や市場動向を事業に活用したいクライアント様向けのパッケージとなります。

ご支援プラン紹介ページを見る
目次

事業計画を改善する重要性

はじめに事業計画の改善が必要な理由を解説していきます。

1. 変化への対応

経済や業界の状況は刻々と変化します。事業計画は、あくまでも指針のため、定期的に見直してそのような変化に対応する必要があります。

また、市場や顧客の動きも常に変化していくものです。仮説から立案した事業計画にこだわらずに、適宜判断し、柔軟に変更していくことが重要です。

2. 効率的なリソースの活用

改善された事業計画は、主要なリソース(人材、資金、時間など)の効率的な活用を可能にします。ビジネスのニーズに合わせてリソースを割り当てることで、最大限の成果を得ることが可能です。

3. 競争力の維持

競争が激化する中で、競争力を維持することが重要です。事業計画の改善は、競合他社との差別化や新たな機会の発見につながることがあります。

改善された事業計画が持つメリット

事業計画の改善には、以下のようなメリットがあります。

  • 成果の最大化につながる
    目標の達成に向けてより効果的な戦略を追求することができます。また、経営者や関係者らは、より具体的で実施可能な目標を設定し、適切な戦略と手段を確立することができます。
  • リスクを最小化できる
    経営環境は不確実性を伴います。事業計画の改善により、リスクの特定と管理が容易になります。計画を適切に調整することで、経営者はリスクを最小限に抑えることができます。
  • ステークホルダーへの説明責任を果たす
    改善された事業計画は、経営方針や目標を明確に示すものになっています。そのため、ステークホルダー(投資家、パートナー、従業員など)に対する説明責任を果たすことができます。これにより、ビジネスの透明性や信頼性が向上します。

このように、事業計画を改善することは、事業計画の成功率を高めるだけでなく、組織の成長とサステナビリティにとっても重要な要素といえます。

ここからは、事業計画を改善するための3ステップを順番にご紹介します。

改善ステップ1. 現状分析

現在の事業計画を評価する

事業計画を改善するためには、現在の事業計画を評価することが重要です。以下の項目を考慮して、現在の事業計画の強みと課題を特定してください。

項目 強みや課題
目標 現在の事業計画は、事業の目標を明確にしていますか?

それらの目標は実現可能ですか?

戦略 現在の事業計画は、効果的な戦略を提供していますか?

競争力を維持するために必要な措置は取られていますか?

資源 現在の事業計画は、必要なリソースを適切に割り当てていますか?

予算と人材の管理は適切に行われていますか?

マーケット 現在の事業計画は、市場の変化やトレンドに適応していますか?

競合他社との差別化を図るための戦略はありますか?

問題や課題を特定する

このとき、現在の事業計画の問題や課題を特定することが重要です。以下のような問題や課題を特定してください。

  • マーケットの変化
    競合他社や技術の進化によって変化するマーケット状況に対応できていますか?
  • 売上の低下
    売上や収益の伸びが停滞している場合、その原因や対策を特定しましょう。
  • リソース不足
    必要なリソース(人材、予算、設備など)が不足している場合、その影響や補完策を考えましょう。
  • 顧客ニーズの変化
    顧客のニーズや要求が変わってきた場合、それに合わせた戦略や提案を検討しましょう。

これらのステップを実行することで、事業計画の改善に向けた具体的なアクションプランを立てることができます。

改善ステップ2. 目標設定と戦略策定

改善すべき目標の設定

事業計画を改善するには、まず改善すべき目標を明確に設定する必要があります。以下に、目標設定のポイントをまとめました。

  • 具体的な目標
    あいまいな目標では、進捗状況の測定や改善の評価が難しくなります。具体的な数字や期限を設定し、明確な目標を定めましょう。
  • 現状の評価
    現在の状況を正確に把握し、改善が必要な領域を特定します。適切なデータや分析を用いて、事業の強みや弱点を明確にします。
  • 挑戦的な目標
    目標には挑戦性があるべきですが、現実的な範囲内で達成可能なものであることも重要です。目標が高すぎると、モチベーションやリソースに影響を与える可能性があります。
  • 関係者とのコミュニケーション
    目標設定は関係者の意見やフィードバックを取り入れることが重要です。関係者を巻き込み、共有の目標を作り上げましょう。

改善戦略の策定

目標を設定したら、それらを達成するための具体的な改善戦略を策定しましょう。以下は、改善戦略の策定に役立つポイントです。

  • 調査と分析
    事業の現状を分析し、改善のためのポテンシャルや障害を明確にします。市場調査や競合分析、顧客フィードバックなどのデータを活用しましょう。
  • 優先順位の設定
    目標の重要性や緊急度に基づいて、改善プロジェクトの優先順位を設定します。時間やリソースの制約を考慮しながら、取り組むべき項目を決定しましょう。
  • 具体的なアクションプラン
    目標を達成するための具体的なアクションステップを策定し、誰が、いつ、何を行うかを明確にしましょう。タイムラインや責任者の設定も重要です。
  • モニタリングと評価
    改善戦略の進捗を定期的にモニタリングし、評価します。結果に基づいて必要な修正を行い、継続的な改善を図りましょう。

このステップを踏み、目標設定と戦略策定を行うことは、事業を成功につなげていくためには不可欠といえます。

参考:新規事業の成功を測る4つの評価指標とは? 

改善ステップ3. 実行と評価

改善計画の実施

事業計画を改善するためには、計画を実施する必要があります。以下は、実施のためのポイントです。

  • リソースの割り当て
    改善計画を実施するためには、必要なリソースを適切に割り当てることが重要です。これには、人材、予算、および他の必要な資源の配分が含まれます。
  • スケジュールの作成
    改善計画の実施には、明確なスケジュールが必要です。各タスクと期限を明確にし、プロジェクトを進行させるためのロードマップを作成しましょう。
  • チームの関与
    改善計画の実施には、関係者やチームの積極的な参加が欠かせません。関係者を適切にコミュニケーションし、彼らの意見やフィードバックを取り入れることで、実施プロセスを円滑に進めることができます。

成果の評価と修正

改善計画の実施後、成果を評価し、必要に応じて修正を行うことが重要です。以下は、成果の評価と修正に関連するステップ

  • 実施結果の評価
    改善計画の実施後、目標との達成度や成果を評価します。これには、定量的なデータやフィードバックを活用して、計画の効果を測定することが含まれます。
  • 問題の特定
    評価の過程で問題や課題が浮き彫りになる場合があります。これらの問題を特定し、原因を分析しましょう。
  • 修正策の立案
    問題や課題を解決するための修正策を立案します。これには、改善点や課題の改善方法に関する具体的なアクションプランを含めることが重要です。

成功した事業計画改善のためには、実施と評価のサイクルを継続的に繰り返すことが重要です。改善計画の適用が終了した後も、定期的な評価と修正を行い、持続的な成長を実現していきましょう。

自社サービスの改善や新規事業開発を実現する、サービスデザインの考え方【ダウンロード無料】

まとめ

事業計画の改善は、企業の成功に不可欠です。適切な計画を持つことで、事業の目標を明確にし、目標達成に向けた戦略を立てることができます。改善された事業計画は、組織全体の方向性を明確にするだけでなく、チームメンバーのモチベーションを高め、成果の最大化にも影響します。

そして、事業計画を改善するには、目標を明確化し、データを分析する必要があります。また、改善は一度だけではなく、継続的なプロセスとして計画に組み込むことっも重要です。定期的な評価と改善を行うことで、計画の効果を最大化できるでしょう

なお、自社の事業計画をより良くするために「事業の立ち上げ経験を持つ人材にアドバイスしてもらいたい」という方は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

「データ×ノウハウ」を身につけた人材が新事業/新商品開発をリードする~JINCHI~

  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

吉冨 剛典 吉冨 剛典 マーケティング担当

大手企業・ベンチャー企業にて事業開発を10年以上経験。
市場動向に即したビジネススキームの構築に強み。
PoC推進支援、事業計画の策定など新サービス / ブランドの立ち上げ実績多数。

新規事業の立ち上げを成功させたい方へ
FUTURE WAVEを活用したトレンドリサーチ支援
FUTURE WAVEを活用したトレンドリサーチ支援

デスクリサーチをベースとした市場のトレンド分析を元に、サービス / プロダクトの改善・開発を行います。未来の生活者や市場動向を事業に活用したいクライアント様向けのパッケージとなります。

ご支援プラン紹介ページを見る
目次
閉じる